枚方市の美容整体と根本改善の専門院です。肩コリ・腰痛のお悩みを改善することで、小顔につながります。

すこやか美容整体  | 小顔矯正 | 枚方市・牧野

肩コリ

肩コリでお悩みの方は多いのではないでしょうか?

よくある質問の中に、「肩コリの原因は何ですか?」というのがあります。

一般的に肩コリといえば肩が凝っている状態のことを言うと思います。
筋肉が硬くコリ固まっている状態ですね。

では、肩の筋肉が硬くなる原因は色々あると思いますがどんな事があるでしょうか?

それは、

血流不足や体の歪みであったり、便秘や運動不足、精神的ストレスや目の疲れ、呼吸の浅い状態などなど、まだ他にも沢山原因はあるかと思います。

今回はそれらの事を一つ一つ考えていくのは大変なので、大元の原因が何かについて書いていきたいと思います。

【当院で考える肩コリとは❓】

「身体の水分不足による体液循環の不具合からくる神経の緊張」

体液の異常(体液の質、量、流れの異常)によって一番出てきやすい症状ではないかと考えています。

体液の異常がある方のほぼ100%と言っていいぐらい肩コリの症状が出ています。
そのコリを自覚されていない方もおられるのですが肩の筋肉をチェックしてみると固くなっていることがほとんどです。

体液異常の反応が出る方にまず出てくるのは水不足です。

水不足のせいで体の中がどのようになっているかというと、汚れてドロドロの水が流れないで停滞しているというイメージです。

流れのない川の水は腐ってきますよね!
それと同じうような感じです。

そうなると当然体液の質も悪くなってきます。
身体のほとんど(約70%前後)は水でできているので、そのほとんどである水の成分の質に異常があると脳は緊張してきます。
その結果神経も緊張状態になり、身体全体が緊張してきます。
その緊張状態の中でも感じやすいのが肩コリの症状と言うことが多いようです。

先程も述べましたように、肩の筋肉が緊張する原因というのは色々ありますが、それらのおおもとにこのような原因が隠れていることがとても多いです。

このポイントを解決しないで色々なことをすると、土台がしっかりしていない状態で積み木を積んでいくように色々することになりますので効果が出にくくなってしまいます。

現代は情報社会ですのでいろいろな有益な情報が沢山入ってくるかと思いますが、土台がしっかりしていない状態で何を試してもなかなか結果が出てこないという事を何年も繰り返してしまうことになってしまいます。

逆に言いうと、今まで試したことで効果が出ないことでも身体にとって必要な質の水を必要量を摂取することによって効果が出ることは意外と多いかもしれません^^

身体は約70%水分でできているということなので、まずは水補給に目を向けて上げることがとても大切です。

【ではなぜ水不足に現代人の身体はなりやすいのでしょうか❓】

これは大きく分けると2つあると考えています。

1つ目は、

単純に水を飲んでいないということです。

患者さんに「水を飲んでいますか?」と質問するとほとんどの方は「飲んでいます。」とおっしゃいます。

そこで、「お茶やジュースやコーヒーなどは入れないでどれくらいですか?」と質問すると多くの方はコップ1杯程度、もしくはほとんど飲んでいないと答える方が非常に多いです。

身体にとって本当に必要な水分は水です!
水分と考えるとお茶でもいいかと考えてしまうこともありますが、常飲するのはお茶より水なんです。

身体を根本的にみていくと生きるか死ぬかの状態になってきます。
その生きるか死ぬかの状態で最も必要なのは空気と水になってきます。
根本的には植物と同じものが必要な状態です。

植物に毎日お茶をあげるより、水をあげた方が元気になるのは人間の体も同じです。

もちろんお茶にも身体に良い成分が入っておりますので、嗜好品程度に考えて1日コップ2杯ぐらい飲むのは良いかと思います。

2つ目は、

「本来人間が持っている身体能力を使い切れていない」という事です。

その原因は?
これも単純ですが運動不足です。
すごく当たり前で、よく言われていることです。

運動不足だからといって何かスポーツをはじめて下さいという事では無くて、“本来人間が持っている身体能力を使う”ということです。

本来持っている身体能力とは何か?

それは、
歩いたり、走ったり、立ったり座ったり、飛んだり、転がったり、ぶら下がったり、握ったり、伸びをしたり、

などなど他にも数え切れないぐらいあります。

〈本来持っている身体能力 = 基本的な動作〉

とも言えるかもしれません。

その基本的な動作をしないことで身体の中で何が起きるかといいますと、体液の循環が悪くなり、身体が歪みやすくなってきます。

人間の身体はかなり自由に動くようにできていますので、動かせば動かすほど筋肉ポンプが働きますので循環しやすくなってきますし、歪みの自己修整力が発揮されてきます。
そのぶん逆に動かさないと筋肉ポンプが働かないということになりますので、身体の中の循環は起きにくくなり歪みやすくなってきます。

身体の循環が悪い中水を飲むと、身体の水の入れ替えがおこなわれないまま水が身体の中に入って来ることになりますので「むくみ」の症状があちこちに出てきます。
その中でも顔や下半身に目立つことが多いのではないでしょうか。

むくんでいる状態というのは身体の中に取り込まれている状態ではないので、1日に必要量とされる水を飲んでいるにもかかわらず水不足の反応が出ることになります。

だからといって水を飲まないようにすると「慢性的な水不足の身体」になってしまいますので、慢性的に顔や下半身がしょっちゅうむくむ体質になっていきます。

「むくむから飲まないようにする」という方向を向くより「飲んだ水が良い感じで循環するような体作りの方向を向く」という事がとても大切です!
身体の歪みが強くなってくると、循環しにくくなってくるので注意が必要です。

【身体の歪みと肩コリ】
大体の場合は身体を動かすことで歪みは自己矯正されますが、身体の歪んでいる期間が長い(身体を歪ます習慣が長い)場合や、歪みの度合いが大きい場合は脳の誤作動によりなかなか身体が整って来ない場合があります。

脳の誤作動が大きい場合は自分で修正するのが難しいので、早めに治療したほうが良いかと思います。

「身体が歪む=自然治癒力の働きも悪くなる」

ということでもありまので、普通に身体を動かすだけでは歪みの修整をすることが難しくなってくるのが現状のようです。

ではどうすれいいの⁉

まずは自分に合いそうな歪みを改善できる専門的な体操をしてみるのが良いかと思います。
方法は、本やネットで沢山の情報がありますので「これだ!」と思うものを実践してみて下さい!

もしもそれでうまく行かなかったり、続かなかったり、一人だとやる気が持続しない場合は身体の専門家と一緒に実践していくことをおすすめいたします。

方法としては、
・ヨガ教室
・体操教室
・整体院で治療。
などなどです。

選び方としましては、
痛い事をさせないところが良いと思います。

痛いのを我慢して無理やり伸ばしたりして身体を整えようとすると、痛み刺激が脳に入り身体は緊張しますので、余計に歪みが強くなる場合があります。

何を選んで実践するかと言うのが大切になってきますが、それらを継続させていくことがとても大事になってきます!

「継続は力なり!!」

ですね^^

【まとめ】
肩コリのない身体にする方法を簡単に言うと、

“水を飲んで身体をしっかり動かして身体の歪みが出にくい状態をキープする”

これだけです!

(水を飲む)+(身体を動かす)=(体液の量、質、循環が良くなる)
⇓ ⇓ ⇓
身体が歪みにくくなる
⇓ ⇓ ⇓
自然治癒力UP

原因を考えすぎるとあれこれ沢山出てきますので、何からすれば良いのか分からなくなってしまうことが多いです。
そうならないようにするには、本来の力である「自然治癒力」の邪魔をしないようにような事を最優先に行うことがとても大切です。

そうすると身体はシンプルに健康体に近づいていく方向性を持ちますので、自然と肩コリから開放されていくと思います。

当院の施術方法はイネイト活性療法という治療方法をメインで行っております。
この治療法は根本的な原因にたどり着き、そこから施術していける方法になっていますのでご本人の自然治癒力を最大限引き出していきながら改善方向に導くようになっています。

「イネイト活性療法」というのは、しっかりとした論文も発表されていますのでエビデンスも取れた施術法になっており、安心して受けていただける治療法になっています。

優しく触れる程度の刺激しかないので、痛いことをされるのが苦手な方でも、子供(赤ちゃん)でも、妊婦さんでも、お年を召された方でもストレスなく受けていただけています^^

もしもなかなか改善しない肩コリや、不定愁訴と呼ばれているような症状をお持ちでお悩みの場合は一度ご相談くださいませ。

美容整体すこやかの山崎 剛(やまさき たけし)が責任を持って担当させていただきます。

投稿日:

Copyright© すこやか美容整体 | 小顔矯正 | 枚方市・牧野 , 2019 All Rights Reserved.